Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

大腸がんが増加しています!いったいどの位の人が大腸がんを発症しているのでしょうか?

大腸がんが増加しています!いったいどの位の人が大腸がんを発症しているのでしょうか?

こんにちは
突然ですが、従姉妹が『がん』になりました。
『大腸がん』です。

日本人の死因の第1位が『がん』なので、驚くこともありません。
しかし、身内が『がん』と診断されるとやはりショックです。

『大腸がん』について調べてみると、
大腸がんについて知らなかったことが、たくさんありました。

もし、『大腸がん』についての情報を探している方の手助けになればと思いまして、わかりやすい様に解説します。

大腸がんの罹患数(患者数)

日本で1年間に新たに大腸がんと診断された人数
(罹患数:りかんすう)
男性は約7万人
女性は約5万人
今後、この数値は男女ともに増加すると予測されています。

がんを臓器別にみると、
大腸がんは
男性、女性ともに2番目に多いがんです。

大腸がんの罹患率(どの位の割合で発症するか)

日本人10万人あたりで、がんになるのは何人なのかを示した割合
(罹患率:りかんりつ)
やはりこちらも、男女ともに、大腸がんは臓器別で上位を占めます。

大腸がんの年齢別罹患率

大腸がんになった人の割合を年齢別にみると、
大腸がんにかかる人は40歳から年を重ねるにつれて増えていることがわかります。

死亡原因の第1位はがん!

日本人の死因で、もっとも多い病気はがんです。
その中でも大腸がんは、臓器別の死亡者数で上位に入ります。

大腸がんが治りにくい病気なのかというと、そうではありません。
がんと聞くと、あとどれくらい生きられるかを示す「余命」が気になるという人は少なくありません。

大腸がんは、早期の段階で治療を行えば高い確率で、完全に治すこと(治癒)ができます。

大腸がんは早期の段階では、自覚できる症状がほとんどありません。

早期に発見するために必要なことは、
40歳以上の方は男女ともに定期的に検診を受けることです。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

引用元:
患者数はどれくらい?
http://www.daichougan.info/outline/quantity.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA