Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

大腸がんが増加しています。大腸がんの症状にはどんなものがあるのでしょうか?

大腸がんが増加しています。大腸がんの症状にはどんなものがあるのでしょうか?

こんにちは
突然ですが、従姉妹が『がん』になりました。
『大腸がん』です。

日本人の死因の第1位が『がん』なので、驚くこともありません。
しかし、身内が『がん』と診断されるとやはりショックです。

『大腸がん』について調べてみると、
大腸がんについて知らなかったことが、たくさんありました。

もし、『大腸がん』についての情報を探している方の手助けになればと思いまして、わかりやすい様に解説します。

大腸がんの発生は2通り

大腸がんの発生の仕方には、大きく分けて2つあると考えられています。

1つ目は

大腸の壁のもっとも内側にある粘膜にできたポリープ(良性の腫瘍)が、がんに変化する場合です。

2つ目は

大腸の粘膜から直接がんが発生する場合です。
粘膜より深いところまでがんが広がっていないうちは、早期の段階です。

大腸がんの自覚症状

早期の大腸がんの場合、自覚症状はほとんどありません。

ガンが大腸の粘膜を越えて、大腸の壁の外側に向かって広がるにつれて、少しづつ症状が現れるようになります。

大腸のどこにがんができるかによりますが、多くの場合、次のような症状が現れます。

大腸がんの症状

大腸がんで現れる症状で、最も自覚しやすいのは排便の変化です。

余談ですが、私は子供の頃母から
「排便の後は自分の便を見てから流しなさい。」
と、言われていました。

排便の後に自分の便を見ることが習慣になると、便の変化に気付きやすくなると思います。

排便の変化

・血便(血液が混じった便)が出る
・下血(げけつ:肛門からの出血)が起きる
・便が細くなる
・下痢と便秘を繰り返す
・便が残っている感じがする

お腹の変化

・お腹が張っていると感じる
・腹痛が起きる
・お腹にしこりがある

そのほかの変化

・貧血が起きる
・嘔吐(おうと)する
・急に体重が落ちている

最も多い症状は血便!

大腸がんの症状として多いのが血便です。
大腸がんだとは思わず、同じく血便が出る痔だと思い込んでしまう方は少なくありません。

大腸がんは、見つけるのが早ければ早いほど、完全に治る可能性が高くなります。

早期の段階で大腸がんを発見できるように、血便が出たら消化器科や胃腸科、肛門科などで、できるだけ早く診てもらうことが大切です。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

引用元:
大腸がんの症状
http://www.daichougan.info/outline/symptom.html

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA