Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

髪をブラッシングする目的は2つ!健康な頭皮とツヤツヤな髪のために毎日のブラッシングは欠かせません!

髪をブラッシングする目的は2つ!健康な頭皮とツヤツヤな髪のために毎日のブラッシングは欠かせません!

こんにちは

髪の状態が
顔の印象を大きく左右します。

若々しく見られるためには、
健康的で
サラサラな髪
ツヤツヤな髪
しっとりな髪
が大切なんです。

健康な頭皮と
ツヤツヤな髪のために
毎日、
行って頂きたい
ブラッシング!

今日は
ブラッシングの目的と
ブラッシングのやり方
を紹介します。

スタイリングだけじゃないブラッシングの効果

毛先に動きのあるスタイルや
巻き髪の流行で、
最近出番の少なくなった
ヘアブラシです。

驚くことに
「ヘアブラシはほとんど使わない」
という方も増えています。

多くの方が
ヘアブラシは
髪をとかしたり
スタイリングしたりする
道具と思っているようです。

ブラッシングには
スタイリング以外に
髪のケア
頭皮のケア
をする目的もあるのです。

現在は、
毎日の
シャンプーや
コンディショナーが
ヘアケアのメイン
となっています。

1990年代以前は、
シャンプーを
毎日する習慣は
ありませんでした。

1990年代以前までは、
髪のケア
頭皮のケア
する道具として、
毎日行われていたのが
ブラッシングです。

ブラッシングは
ヘアスタイルに関係なく
毎日のヘアケアに
取り入れて頂きたい行動です。

今日の
ブラッシングによる
ヘアケアが
5年後の
髪と頭皮を
大きく左右します。

ブラッシングで髪のケアと髪の汚れを落とす

シャンプー前の
ブラッシングが
髪と頭皮のために大切!

と、紹介したことがあります。

正しいシャンプーの方法は
こちらで、詳しく解説しています
こちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
正しいシャンプーができていますか?間違ったシャンプーは抜け毛・薄毛・深刻な問題を起こします!

スタイリングだけじゃないブラッシングの目的

ブラッシングの目的には

・髪の汚れを落とすこと
・頭皮の汚れを落とすこと

があります。

スタイリング剤などは
ブラッシングでは
なかなか落ちません。

ですが、
通常の汚れであれば
ブラッシングだけで、
かなり取り除くことが出来ます。

シャンプー前に
ブラッシングをして、
髪のほつれと
大まかな汚れを
落としておくことで、
受けられるメリットは?

シャンプーで髪が受ける
ダメージを減らせる。

シャンプー時の
泡立ちが良くなり、
短時間で
効率よく
汚れを落とす事が出来ます。

ブラッシングで頭皮のケアと頭皮の汚れを落とす

ブラッシングは
髪だけではなく、
頭皮の汚れを
浮き上がらせます。

マッサージ効果で
頭皮の血行を促進したり、
頭皮ケアも行えるので、
シャンプー前に
取り入れて
いただきたい行動です。

使用するブラシは
出来るだけ目が粗く、
柔らかい素材の物が
おすすめです。

硬い素材で
頭皮をこすってしまうと、
頭皮を傷つけてしまいます。

頭皮も
お顔も
一枚で繋がった同じ皮膚。

洗顔で
お顔を
こすっては
いけないように、
頭皮も
摩擦や
強い刺激は
トラブルのもとになります。

ブラッシングでツヤツヤの髪を目指しましょう

ブラッシングの
2つ目の目的は
髪のキューティクルを整える事

キューティクルの状態が
髪のツヤを左右します。

キューティクルを整える
1番効果の高い方法が
ブラッシングです。

毎日のブラッシングから
効果を感じる方は
とても多いです。

ブラッシングは
簡単で
安価に
ツヤツヤな髪に近づく
第一歩!

「髪にツヤを出したい」
という方は、
毎日のヘアケアに
ブラッシングを
取り入れる事をおすすめします。

ツヤを出すために行う
ブラッシングは、
シャンプー前に行う
ブラッシングとは
目的が違います。

ヘアブラシも違ってきます。

ツヤを出すために行う
ブラッシング
で使うヘアブラシは、
シャンプー前の
ヘアブラシとは異なり、
出来るだけ
目の細かいヘアブラシ
がおすすめです。

たくさんあるヘアブラシについては
こちらで、詳しく解説しています
こちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
たくさんの種類があるヘアブラシ!正しい選び方!効果的な使い方を悩み別に案内します!

豚毛や猪毛などの天然毛で、
1つの毛穴から
何本もの毛が出ている物を選び
髪をなでるように
ブラッシングしてください。
ツヤを出すために行う
ブラッシングは
やり方を間違えると、
髪にダメージを与えてしまう
こともあります。

「髪のダメージが気になる」
という方は、
ヘアオイルなどを使用してから
ブラッシングしてください。

ポイントは
優しく!
なでるように!
です。

シャンプー前のブラッシング方法

髪のほつれと汚れを取り除く


POINT1

毛先から髪のほつれと汚れを取る

ブラッシングは
髪の毛先から
優しくといていきます。
いきなり根元からとかすと
髪が絡んでダメージを
与えてしまいます。

頭皮の汚れを浮かせて血行を促進

POINT2
ほつれをといてから頭皮をブラッシング

髪のほつれをといたら
ブラシを頭皮に
直接当てて
頭皮もブラッシング。

ブラシを頭皮に対して
45度に入れて、
毛穴の汚れをかき出すように
ブラッシングします。

ポニーテールを作るようにするのがコツ

POINT3
後頭部も忘れずにしっかりブラッシング

ついつい忘れがちな後頭部も
しっかりブラッシング。

ポニーテルを作るように
後頭部に向かって
ブラッシングすると
髪がからみにくいです。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

参考:
髪と頭皮をケアするブラッシングの基本
https://allabout.co.jp/gm/gc/414800/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA