Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

北陸紀行_『加賀屋』に泊まりたい!"完熟女さまご一行"が北陸で珍道中・その1

こんにちは

今日は、近所の完熟女さま7名と行った北陸へ3日間の旅行記を書いてみました。

今日は北陸紀行
『加賀屋』に泊まりたい!"7人の完熟女さまご一行"が北陸で3日間の珍道中
北陸での体験、お薦め観光スポットをご紹介します。

これから金沢、和倉温泉山代温泉へ旅行の計画を立てている方に、
お薦めのお店も紹介しています。

私が実際に行った場所を紹介していますので、
"ハズレ"は、ありませんよ!
幹事さん、ぜひ活用してください。

【1日目のご案内】
・東京駅の駅弁屋さん『祭』
・大人の休日倶楽部
・金沢でのタクシー事情
・ひがし茶屋街
兼六園
・加賀野菜のコース料理『心味cocomi』
・加賀屋

ご近所のセレブな完熟女さまとの珍道中
過去数回一緒に旅行させて頂いておりますが、毎回超珍道中です。
今回も期待を裏切らない珍道中でした。

この珍道中で感じたのは、
『自分以外の人を思いやる気持ち』
皆様、心の底からの優しさが溢れる、素敵な方たちでした。

この様な素敵な完熟女さまと3日間もご一緒できたことに心から感謝します。

『加賀屋』に泊まりたい完熟女さま

事の始まりは、
『加賀屋』の泊まりたい完熟女さまと
友人が金沢にいるよという完熟女さまの
会話から始まったのではないか?と推測します。

私の所に話が来た時は、
すでに『加賀屋』宿泊は決まっていました。

昨年末に計画が始まり、新年からずっと楽しみにしてきました。

私は『加賀屋』を30年前から知っていましたが、宿泊する機会がなく現在に至っています。
待ちに待った『加賀屋』宿泊のために、いよいよ金沢に向かって出発の日がやってきました。

駅弁屋『祭』は品数が多く、混んでいます

でも美味しかった

東京駅に着いてまずするのは、
旅の定番!
『駅弁』『お茶』を購入
今回の駅弁の購入は『祭』にしました。
テレビの旅番組でも度々紹介されたお店です。

f:id:happylife_me:20170513103453j:plain

『祭』に到着。
朝の7時にもならないのに、祭の店内はこの凄い混み方!
レジも4カ所位ありましたが、
全て6人待ち位

急がなきゃ!
皆さんをお待たせしてしまう!

でも、
あまりにたくさんの種類の駅弁があって、ショーケースの前は人がいて見えない状況。
困る!
どれにしよう!

結局、自分では決められずに
祭で、1番人気の
『牛肉どまん中』に決定!

f:id:happylife_me:20170513103547j:plain

駅弁に付き物のお茶も購入、
暖かいお茶
冷たいお茶
どちらも色々な銘柄がおいてあります。

特にシーズンでもない平日の7時前から大混雑の『祭』です。

『祭』で駅弁の購入を検討している方は
時間に余裕をもって行きましょう。

それにしようか迷うし、レジが混んでいます。

『祭』についての詳しい情報は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

『駅円屋【祭】』

 営業時間は、5:30~23:00

お弁当も買ったし、お茶も買ったし、
金沢紀行の出発に向けてワクワク感最高潮!

『大人の休日倶楽部』はかなりお薦め

今回のJRの乗車券は
『大人の休日倶楽部』で北陸の周遊券を買いました

私は『大人の休日倶楽部ミドル』なので年会費もなく
新幹線の特急料金、往復
金沢での周遊券
でJRへの支払いは22000円だけでした。

なんか凄く得した気分!

『大人の休日倶楽部』はJRが指定した期間に旅行ができるのであれば、かなりお得です。

指定される期間は約2週間位で土曜日、日曜日も含まれます。

『大人の休日倶楽部』についての詳しい情報は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

『大人の休日倶楽部』

 
楽しい旅になるといいなぁ
笑ジワが増えないといいなぁ

そんな思いで新幹線の乗り込みました。
7:20  東京駅発  
JR北陸新幹線  かがやき503号
9:51  金沢着

全車両指定席。
ゆっくりと乗り込めました。

北陸新幹線にはコンセントがある

北陸新幹線の車内は自由に使えるコンセントがあります。
(他の新幹線にもあるのかな?
最近、新幹線に乗らないのでわかりません)

平日だったこともあり、コンセントを使ってパソコンで仕事をしている男性も数名いました。

いやぁ、うるさくて迷惑だったことでしょう・・・

完熟女さまご一行は指定された席に落ち着くと、
ZIPロックに小分けしたお菓子を人数分持ってきています。
甘いお菓子、お煎餅、バランス良くセレクトされています。

出発前から「ありがとう!」が飛び交い
いい雰囲気!

楽しくお話をしていたら、後30分で金沢に着いてしまう!
ことに気が付いた、完熟女さまご一行。

慌ててお弁当を開いて朝食タイム。

『牛肉どまん中』は期待を裏切らない

私は『牛肉どまん中』を頂きました。
完熟女さまに人気だったのは、『30品目バランス弁当』です。
さすが、健康に気を使っています。

『50品目バランス弁当』というお弁当もあるようですが、今日は品切れでした。

『牛肉どまん中』のボリュームに1番人気を納得!

f:id:happylife_me:20170513104207j:plain

『牛肉どまん中』牛肉とそぼろに2種類がご飯にたっぷり乗っています

味も美味しくて満足のいくお弁当でした。

『牛肉どまん中』についての詳しい情報は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

『牛肉どまん中』

 

金沢に到着

金沢駅の改札口には、『加賀屋』を予約してくれた完熟女さまのお友達がお出迎え。

細やかな心配りの完熟女さまですが、完熟女さまのお友達も、本当に驚くほどの心配りので出迎えてくださいました。
「ありがとう!やすこちゃん!」

金沢駅は綺麗でした。

駅を出るとトラスの組み合わせで作られたドームが現れます。
"おもてなしドーム"と呼ばれて
金沢での言い伝え
「弁当忘れても、傘忘れるな!」があるように、
雨の多い金沢では、
傘と長ぐつを無料で貸し出してくれるそうです。
(タクシーの運転手さん情報)

タクシー乗り場には、誘導のおじさまがいて
「7人なら大きい車がいいね」
とワンボックスカーのタクシーの所に連れて行ってくれました。

コインロッカーも
一杯になると入り口におじさまが立って、違うコインロッカーへ誘導してくれました。

さすが"おもてなし"の街です。
おじさまたちが皆さん親切でした。

【金沢でのタクシー状況】

JR金沢駅には常にタクシーが待機しています。
ワゴン車は運が良ければ待機していますが、常時いる程の台数ではなく、いない時もありました。

タクシー料金は、普通車と同じなので、不在の時に待ってみましたが、それ程待たずにワゴン車タクシーに乗ることができました。

観光先でのタクシーの乗車は、ほとんどの観光地でタクシーが客待ちをしている所の方が多かったです。

路上で流しのタクシーを拾うのも可能でした。
広い通りだと、流しのタクシーが見つけられました。

ほとんどのタクシーにナビが付いているので、住所か電話番号を控えていると、お店まで連れて行ってくれます。

金沢のタクシーの運転手さんは皆さん金沢を愛していて、話出したら止まらないって感じです。
一人だけでなく、皆さんがそうでした。

タクシーに乗ったら、金沢のわからないことを聞いてみてください。
目的地に着くまで、丁寧に説明してくれます。

『ひがし茶屋街』

完熟女さまご一行の北陸珍道中、最初の訪問地は『ひがし茶屋街』です。

テレビでも度々紹介されている『ひがし茶屋街』

テレビで見て、結構長いと思っていましたが、実はそんなに長くありませんでした。

『ひがし茶屋街』で金沢が"金の加工"で栄えた街って始めて知りました。

『ひがし茶屋街』には金箔を張った"黄金の蔵"がありました。

外側だけでなく、蔵の中も金箔が張りつめられまさしく"黄金の蔵"
曇り空でしたが、神々しく輝いていました。

入り口には金箔を張った"金の石"もコソッと鎮座しています。

『ひがし茶屋街』についての詳しい情報は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

『ひがし茶屋街』

 

兼六園

完熟女さまご一行の、次の散策は『兼六園』です。

兼六園』は『ひがし茶屋街』から徒歩10分位でした。

兼六園』の入り口近くのおみあげ屋さんに、金箔をふりかけたソフトクリームにありました。
(お店によっては金箔を1枚丸ごと貼ってあるソフトクリームもありました。)

さすが金箔の街!

兼六園』には由緒ある池や灯篭などがたくさんありますが、完熟女さまご一行は、誰もガイドブックやパンフレットを読まない・・・

ついには・・・

前を歩いているグループのガイドさんの説明を聞きながらの散策。
ガイドさんはマイクを使っているので良く聞こえました。
ありがとうございました。

兼六園』についての詳しい情報は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

『兼六園』

 

『心味cocomi』

その後はお待ちかねの昼食です。
北陸で初めての食事は
金沢の女子に人気の『心味cocomi』
加賀野菜のお店です

良い時間に予約を取って頂きました

コースランチでしたが
次々出てくるお料理は優しいお味でとても美味しかったです。

予約制ではありませんが、『心味cocomi』はお店が小さいので
行かれる時は、予約がおすすめです。

そして、メインイベント‼️
『加賀屋』へ出発です。

『心味cocomi』についての詳しい情報は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

『心味cocomi』

 

和倉温泉へ出発

今回の旅行のメインイベント『加賀屋』へ向けて出発します。

金沢から和倉温泉までJRで移動
15:00 金沢駅
JR特急 能登かがり火5号
15:57 和倉温泉駅

所用時間は57分
"大人の休日倶楽部"で購入した北陸の周遊券を使います。

自由席でしたが、各車両50%位の乗車率
ゆったり座れました。

和倉温泉には『加賀屋』のバスがお出迎え
温泉街の駅ではよくある光景

今回はご紹介だったので『加賀屋』の『能登渚亭』の予約が取れました。

『加賀屋』の『能登渚亭』は5ランクあるお部屋の中で3ランク目のお部屋です。
宿泊費は、ちょっと高かったのですが、やっと泊まれる『加賀屋』ですから、大奮発です。
自分へのご褒美にプレゼント!

いざ『加賀屋』へ

『加賀屋』到着!!!

若女将であろう女性、中居さん、男性スタッフ、たくさんの方のお出迎え

お出迎えの頭の下げる角度が全員同じ!
さすが『加賀屋』
指導されているな・・・
と一目でわかります

ラウンジに通され、簡単な説明を聴き
"あっ‼️"
と、驚く

ビックリサプライズ!!!

お部屋が"『能登渚亭』から『浜離宮』に変わっていました。

私たちには不釣り合いな特別室です。
エレベーターにセキュリティキーが付いていて感動〜〜!!!
エレベーターにカードキーを差し込まないと19階に行けないんです。

7人での宿泊だったので、2部屋でした。
担当の中居さんはもちろん、ヘルプで付いた娘より若いであろう中居さんの対応も良かった

36年間「日本のホテル・旅館100選」」で1位だっただけはあります。
料金が高いのも納得できる満足な"おもてなし"でした。

 

「日本のホテル・旅館100選」」(日本経済新聞)についての詳しい記事は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

「加賀屋、37年連続1位ならず 「日本のホテル・旅館100選」」

バスがたくさん駅にお迎えに来ていたので、お風呂が混むかと心配しましたが、混むことなく、ゆ〜〜ったりと入ることができました。

食事も個室で私たちのグループだけで、静かに頂けました。
お料理も美味しかったです。
金沢の家庭料理、治部煮を楽しみにしていましたが、美味しかったです。

同室の4人で遅くまでたくさんお話をして就寝。

『加賀屋』は総合1位を36年間守り続けていましたが、昨年は3位に落ちてしまいました。
でも、おもてなしの部では、それでも堂々の1位を守っています。

『加賀屋』についての詳しい情報は
↓↓↓こちら↓↓↓↓

『加賀屋』

 

【加賀屋のおまけ】

1階のロビー横にあるコーヒーラウンジのテーブルの上に何やら四角い小箱があります。

10cm角の重箱の様な形で2段になっています。

全てのテーブルにあるので何が入っているか?
気になって開けてみました。

1段目はスティック状のお砂糖
では、2段は?
まさか、ホテルのコーヒーラウンジでスジャータはないでしょう!
2段を開けてみました。

小さなマーブルチョコレートの様な筒が入っていました。
スジャータでなくて良かったと思いつつ
「この筒の中には何が入っているのだろう???」
マーブルチョコレートの様に1/3位の所で空くようです。

静かに静かに開けてみました。
そっと開けたのに、"ポーン!"と音がして
キラキラと金粉が舞ってしまいました。

コーヒーに金粉をのせて飲むための金粉でした。

ちなみに、この筒はフタを取るのではなく、回すと穴が重なって適量が出るそうです。

知らないって怖いわ・・・
到着早々、超恥ずかしかったです。

加賀屋のコーヒーラウンジで四角い小箱があったらお気を付けあそばせ!

明日は、『近江町市場』と『忍者寺』へ出かけます。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

 


blog.happylife.me

 

 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA