Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

毛細血管が、美容、健康、老化、全てを左右する!毛細血管を増やしましょう!

毛細血管が、美容、健康、老化、全てを左右する!毛細血管を増やしましょう!

こんにちは
健康診断で病名はつかないものの、加齢にしたがい、なんとなく不調が続くことがあります。
最新の研究で、その原因は、身体のすみずみまで栄養を届ける“毛細血管”の老化にあることがわかってきました。

一方で、老化した毛細血管は再生可能なことも判明しています。

不調や老化のカギを握る“人体最大の臓器”

美容や健康の要として、注目されている毛細血管。
これまでは血流には動脈などの大きな血管が重要というイメージでした。

近年の研究で毛細血管は身体の状態や生活習慣と密接に関係しており、毛細血管をケアすることで、さまざまな不調やエイジングにアプローチできるとわかってきました。

毛細血管とは、身体中に張り巡らされている直径約100分の1ミリの極細血管で、全身の血管の99%を占めています。
つまり、人体の中で、いちばん大きな臓器となるわけです。
ですが、毛細血管は加齢とともに劣化していきます。

男性は30代後半、女性は40代ぐらいから劣化しやすくなり、使われなくなった毛細血管はやがて脱落。
60代になるとピーク時の20代よりも健康な毛細血管の数が4割も減るといわれています。

毛細血管の働き

毛細血管の働きを確認しておきましょう。
・酸素を全身に届けて二酸化炭素を回収
・栄養素を全身に届けて老廃物を回収
・免疫物質を派遣し病原菌や細菌から身体を守る
・熱の放出をコントロールし体温を一定に保つ
・ホルモンを運び各所に情報を伝達
など重要な働きがあげられます。

まさに毛細血管は生命活動の最前線と言えそうです。

毛細血管に元気がないと形が崩れ、一部消えてしまう部分も出てきます。
管はあるのに血液が流れていない“ゴースト血管”が増えると、頭痛や肩こり、倦怠感などの体調不良に悩まされることになります。

それ以外にも、シミ、シワ、白髪などの老化現象も顕著になってきます。

逆に、毛細血管が元気だと、栄養がすみずみまで届いているぶん、細胞のターンオーバーがスムーズに行われ、見た目も若々しく心身ともに健全になるというわけです。

つまり、どんなに食事に気を配っても、栄養を届けるルートである毛細血管が健全に機能しなければ、アンチエイジング、健康など全てにおいて意味がないものとなってしまいます。

次のような身体の不調や老化現象は、毛細血管の劣化と深く関わっている可能性があると言われています。

あなたの毛細血管は大丈夫? こんな症状に注意!

毛細血管の劣化が原因の可能性のある症状
・薄毛、毛が抜けやすい、白髪が急に増えた
・顔色が悪い、シミ、シワ、たるみがある
・頭痛、肩こり、腰痛がある
・忘れっぽくなった、だるい、イライラする
・眠りが浅い、寝つきが悪い、夜中に目が覚める
・胃もたれ、胃痛、お腹がはる、酒に弱くなった
・風邪をひきやすい、疲れやすい
・痔、頻尿、月経痛、更年期障害がある
・手足が冷える、震える、むくみがある
・爪が白っぽい、欠けやすい、凹凸がある

生活リズムを整えれば毛細血管も元気に!

毛細血管は40代以降、急速に衰えていきます。
それでも、あきらめる必要はなし。

毛細血管は、日常生活の工夫で何歳からでも増やすことができます。
毛細血管を増やすポイントは、全身の毛細血管に血流がいく時間を作ってあげること。
具体的には、体内時計を意識した生活で自律神経のバランスを整え、質のよい睡眠をとることが必要です。

生活習慣の心がけによる効果は、わりとすぐに表れる方が多いようです。
人にもよりますが、1週間から2週間ぐらいで毛細血管の血流改善の傾向は見られます。
さらに1か月もすれば体調も整ってくるので、だいぶ変化を実感できると思います。

毛細血管を若返らせるのはアンチエイジング・ホルモン

アンチエイジング・ホルモンの代表格といえば成長ホルモンがあります。

成長期には筋肉や骨などの組織を成長させ、大人になってからは全身の細胞を修復し、免疫力をも強化します。

成長ホルモンは睡眠中、特に寝入りばなの3時間にもっとも多く分泌されます。
成長ホルモンが、夜眠っている間に毛細血管をメンテナンスしてくれるのです。

自然な眠りに誘う「睡眠ホルモン」として知られ、強い抗酸化作用も持つのにメラトニンがあります。

メラトニンは、朝日を浴びて15~16時間後に分泌が始まり、そこから数時間でピークになります。
朝6時に起きて23時に眠ると、メラトニンと成長ホルモンが同時に分泌され、毛細血管の修復をより促進できることになります。

メラトニンの分泌は「体内時計」によって制御されています。
目から入った朝の光が、眉間の奥のほうにある体内時計の中枢・脳の「視交叉上核」に届くことで夜間出ていたメラトニンがストップします。
同時に全身の毛細血管は収縮し、身体が睡眠モードから覚醒モードに切り替わります。

脳の神経細胞を活性化し、元気にする働きから「ハッピーホルモン」と呼ばれるセロトニンがあります。
セロトニンはメラトニンの原料となります。

夜、メラトニンを十分に分泌させるには、朝、太陽の光を浴び、日中活発に活動してセロトニンをたくさん分泌させることが必要になります。

健康な毛細血管を育てる暮らし方のコツ

いよいよ、ここからは実践編です。
加齢に伴う毛細血管の劣化を最小限に食い止め健康な毛細血管を増やす生活習慣のポイントをご紹介します。

【睡眠/質のいい眠りこそ血管ケアの最重要課題】

睡眠ホルモンのメラトニンを増やすには、早起きして朝日を浴びるのが有効と書きました。

曇り空や雨の日でも少しの間、窓辺にいればOKです。
毎朝、決まった時刻に朝日を浴びる習慣をつけると、身体のリズムが整い、毛細血管の劣化予防につながります。

強い光の照明や、スマホのブルーライトはメラトニンを抑制し、不眠の原因になります。

まず寝室は真っ暗にして眠り、夜中に目覚めたときも明かりをつけたりスマホで時間を確認しないでください。
家のリフォームの予定がある方は、トイレへの動線にフットライトを設置するなど、環境にも工夫をするのも効果的です。

睡眠不足が身体に深刻なダメージを与えるのはどなたも充分ご存知でしょうが。
長く寝るほどいいわけではなく、科学的な根拠に基づいた理想の睡眠時間は7時間が目安です。

成長ホルモンとメラトニンの働きを存分に享受したいなら、午前0時までに寝て朝7時に起きること。
可能なら夜11時に寝て朝6時に起きるのがもっとも理想的といわれています。

【運動/無理のない範囲で習慣にするのが効果的】

毛細血管を増やすのに、もっとも有効なのが筋トレ+有酸素運動の組み合わせです。

筋肉細胞が酸素を大量に欲することで血流が増え、新しい毛細血管が生み出される効果が期待できます。
運動はそれほど激しい負荷は必要はありません。
例えば5分スクワットやかかと上げ(ふくらはぎのエクササイズ)をしてから15分、ウォーキングする程度で充分OKです。

運動が苦手な人は、スポーツジムと聞くと気後れしてしまいそうだけれど、実は苦手な人ほどジムに向いているのです。

トレーナーがひとりひとりに合う内容で正しい運動の仕方を指導してくれるうえ、ジム仲間ができれば楽しく続けられるはずです。

毛細血管を増やす効果がいちばん高いのは有酸素運動。
ただしマラソンのような激しい運動は身体を酸化させるフリーラジカルを生み出してしまい、かえって老け込むことになります。

おすすめはウォーキング。
1日4000~5000歩を目指してください。

【食事/体内リズムの調整を第一に血管ケア食材も要チェック】

食事は内容にこだわるよりもまず、3食規則正しくとり、体内時計を整えることが大切です。

特に朝食は1日の体内リズムを調整するのに重要です。
朝日を浴びて1時間以内に朝食をとると、地球に合ったリズムで動きだせると言われています。

夕食は、睡眠時のアンチエイジング・ホルモンの分泌を妨げないよう、20時頃までに済ませるのが理想です。

フリーラジカルによる酸化対策に有効なのが、抗酸化食材です。

トマトのリコピン、ニンジンのβ-カロテン、サーモンのアスタキサンチンなど、抗酸化成分を豊富に含むカラフルな食材を意識して食事に取り入れてみましょう。
シナモンやヒハツというこしょうは、毛細血管の内皮細胞や壁細胞の接着を強化して健康を保つ働きがあります。
こちらもぜひ活用して頂きたい。

食で若さを保つ方法として、ここ数年、世界的に注目を集めているのが「カロリーリストリクション」、略してカロリス。
必要な栄養素を網羅したうえで、毎日の摂取カロリーを標準の7~8割に摂取する方法です。
動物実験では、カロリスで長寿遺伝子がオンになることがわかっており、血管の細胞が長生きして老化が遅くなり寿命が延びると考えられています。

【入浴/末端の毛細血管まで開かせるもっとも有効な手段】

入浴は、湯船にゆっくり浸かって血液循環を促し、副交感神経をアップさせます。
ただし、身体の温めすぎは逆効果になるので要注意です。
人間は夜になると深部体温が下がって眠くなるため、熱すぎるお風呂や、寝る直前の入浴は深部体温が下がらず睡眠の質が落ちてしまいます。
お湯の温度は38~41度ぐらいにし、就寝の1時間前までにはすませてください。

疲れがたまっているときには、42度ぐらいの少し熱めのお風呂に10分間浸かる入浴法がおすすめです。

傷んだ細胞を修復するタンパク質「ヒートショックプロテイン」は、お風呂の熱で細胞に適度なストレスを加えることで増産されます。

【ストレス対策/副交感神経が下がりやすい40代以降は特にケアが必要】

ストレスが続くと、交感神経が優位な状態が続き、血流が悪化します。

身体のあちこちでフリーラジカルが作り出されてしまうため、ストレスをため込まないようコントロールすることが大切です。
少し大雑把になってみる、ガムをかんでハッピーホルモンのセロトニンを出すなどの方法で受け流しをするのも良し。
お笑い番組を見るの良し。

過度なストレスはよくないものの、全くないのも副交感神経が優位になりすぎて不調を招くこともあります。
ほどよいストレスを保つには「90分集中し、5分休む」サイクルで活動するのが効果的です。
行き詰まったら香りに鎮静作用があるコーヒーでひと息つくのも良いでしょう。

誰にでもできる毛細血管を再生させる方法があります。
詳しくはこちらをご覧ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

老化した毛細血管を再生させるために! やる気になれば誰にでもできるその方法とは?
子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう
最後まで読んで頂き
ありがとうございました

引用元:
毛細血管は“人体最大の臓器”、すべての老化症状の原因はココにあり!!
http://news.livedoor.com/article/detail/13026148/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA