Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

夏バテ防止の入浴法!残暑の疲れは入浴で解消!

夏バテ防止の入浴法!残暑の疲れは入浴で解消!

こんにちは
夏から夏の終わりにかけては、「体がだるい」「疲れが取れにくい」などの症状が出てくる季節です。
今日は、夏バテ防止の入浴法と、残暑の疲れを解消する入浴法について紹介します。

お風呂場で自律神経を整える?

夏の終わりは夏の間の疲れが出てくる時期です。
さらに暑かったり肌寒かったりと最低気温と最高気温の差が大きくなり、温度調節が難しく夏バテで疲れた身体には、だるさが倍増してきます。
これは自律神経の乱れが大きな原因。

そこで、お薦めなのが「お風呂」です。
お風呂は自宅でかんたんにできる疲労回復法なんです。
夜に風呂にゆっくり入ることで、副交感神経が働いて、リラックスした状態になります。
すると、ぐっすり眠ることができ、疲れも解消することができます。

そして朝起きたらシャワーを浴びて交感神経を働かせると、頭も身体もすっきりします。
朝はシャワー!
夜はお風呂!
とリズムをつけることで、乱れがちな自律神経のバランスを整えることができます。

副交感神経を優位にする、有効なお風呂の入り方

副交感神経が優位となり、身体がリラックスした時に寝つきが良くなります。
夜、ゆっくりお風呂に入ることで、副交感神経が優位となります。
副交感神経が優位となり、身体をリラックスさせえるためには、どのように入浴するのがよいのでしょうか?

■疲れを取る夜の入浴法

湯温:
ぬるめ(38-40℃)

時間:
25~30分

方法:
みぞおちから下が浸かる半身浴にします。
しっかり温まって汗を出しましょう。
入浴前後に水分補給をするのを忘れずに。
アロマや入浴剤もリラックス効果を高めます。

入浴後はコーヒーやタバコなどの刺激物を避けましょう。
風呂に入るのは寝る1時間ぐらい前がベター。

理由は:
人は体温が下がり始めると眠気を催し、下がるのが早いほど眠りにつきやすいとも言われているからです。

朝起きたらシャワーを浴びましょう。

これで頭も身体もスッキリ目覚めることができます。
間違いなし!

スッキリと目覚め、元気に1日をスタートするための、シャワーの浴び方。
交感神経を素早く目覚ますための行動はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スッキリと目覚め、元気に1日をスタートするための、シャワーの浴び方
夜のお風呂と
朝のシャワー
で、夏バテと残暑の疲れをリセットして元気に秋を迎えましょう。

これ以外の、夏バテに効果的なの対策と予防!は、こちらを参考にしてください。
詳しくはこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
夏バテに効果的なの対策と予防!夏を元気に過ごすためにやるべき10のこと

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう
最後まで読んで頂き
ありがとうございました

引用元:
残暑の疲れを解消! 1日2回の入浴術
https://allabout.co.jp/gm/gc/299261/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA