Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

老化した毛細血管を再生させるために! やる気になれば誰にでもできるその方法とは?

老化した毛細血管を再生させるために! やる気になれば誰にでもできるその方法とは?

こんにちは
身体のすみずみまで血液を運ぶ「毛細血管」が老化や病気の予防に大きく関わってくることがわかってきました!
今日は、皮膚から内臓まで、全身が若返る、老化した毛細血管を再生させるために、やる気になれば誰にでもできるその方法を紹介します。

その方法とは、
『その場スキップ』
『かかとの上げ下げ』
『太極拳血流アップ体操』
などです。
簡単な運動なので試してみてくださいね。

毛細血管の老化は万病のもと!

私たちの全身に張り巡らされている「毛細血管」は、身体のすみずみに酸素と栄養を届ける重要な役割を担っています。

ところが、最新の研究で、毛細血管は年齢とともに減っていくことがわかったのです。
60~70代では20代より約4割も減ってしまうともいわれています。

毛細血管が減って血液が行き届かなくなると、皮膚の新陳代謝が低下してシミやシワの原因にもなります。
毛細血管の老化は、筋肉や内臓の衰えにも直結します。
特に、毛細血管が集中する脳や肺、腎臓、肝臓などは機能が低下し、病気になるリスクも高まります。

加齢や運動不足で毛細血管が衰える

人間の血管の99パーセントを占める毛細血管は、血液を少しずつ“もらす”ことによって身体中に酸素や栄養を届けています。

毛細血管を構成する内皮細胞は、ほどよく血液がもれる程度に接着し合っています。
その“ほどよい接着”を、壁細胞という細胞が支えているのです。

ところが、毛細血管が衰えると、壁細胞がはがれて内皮細胞の接着がゆるくなり、血液がもれすぎてしまいます。
すると、血液が届かなくなり、さらには毛細血管が消滅することも!

毛細血管が劣化する主な原因は、加齢や運動不足、高血糖・高コレステロールなどによるダメージです。
むくみやすい人は、毛細血管が衰えているサインかもしれません。

でも、大丈夫!

実は毛細血管は、血流がよくなると内皮細胞がほどよく接着して正常化することがわかっています。

毛細血管を再生する運動

その場スキップで血流アップ!

血流をよくして毛細血管を若返らせるには、軽い運動でも効果があります。
「その場スキップ」(イラストを参照)は、その場で、手と足をしっかり上げてスキップすることで、筋肉のポンプ効果で全身の血流がよくなります。


【A】その場スキップ
その場で、手と足をしっかり上げてスキップ。
転ばないよう、十分に気をつけてください。
目安は朝・昼・晩各20回。

かかとの上げ下げで血流アップ!

ふくらはぎの筋肉を伸縮させると、筋肉がポンプの役割を果たして、足先から上半身へ血行が促進され、全身の血流がアップ!


【B】かかとの上げ下げ
かかとを上げたり下げたりします。
転倒の不安のある人は、イスで身体を支えて行ってください。
目安は朝・昼・晩各20〜30回。

“太極拳血流アップ体操”の一部(首の動き)をご紹介!

次にご紹介する“太極拳(タイチ)体操”は、中国伝統の太極拳をもとに、高齢者や運動が苦手な人でも気軽に続けられるように考案されたものです。

ゆったりした動きで、座ったままでも、血流促進効果やストレッチ効果などが期待されています。
今回は、“太極拳(タイチ)体操”の一部(首の動き)をご紹介します。

身体の緊張を解くことで、血管を広げて血流を増やします。
息を止めず、自然な呼吸で、ゆっくりした動きで行ってください。
目安は左右各3〜5回。

【1】 イスに両足をそろえて座り、右手を胸の高さ、左手を腰の高さに上げ、胸の前で大きなボールを抱えるようなポーズをとります。

【2】右の手をゆっくりと下ろして、左の手のひらに合わせます。

【3】2の姿勢から高さを変えずに左にずらしながら、顔をゆっくりと右に向け、左首筋を伸ばします。
反対側も同様に行う。

※痛みや違和感のない程度に、無理せず行ってください。持病がある人は、医師と相談してから行ってください。

毛細血管が老化すると起きる症状は?
詳しくはこちらをご覧ください
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

引用元:
最新の研究でわかった、皮膚から内臓まで全身が若返る「毛細血管ケア」とは
http://www.jprime.jp/articles/-/8923

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA