Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

ノンシリコンシャンプーは髪に良いの?シリコンシャンプーは髪に悪いの?

ノンシリコンシャンプーは髪に良いの?シリコンシャンプーは髪に悪いの?

こんにちは

最近、
人気の
ノンシリコンシャンプー。

なんとなく
安心で
安全
の様な気がします。

本当に
安心で
安全
なのでしょうか?

実はよく分かっていない
という方も多いでしょう。

今日は
ノンシリコンシャンプー

シリコンシャンプー
について紹介します。

ノンシリコンシャンプーは髪と頭皮に良い?

最近ブームのノンシリコンシャンプー。

店頭では
専用のコーナーが置かれるほど
関心が高くなっています。

「シリコンの何が悪いか?
本当は良く分からない。」
という方は多いのではないでしょうか。

シリコンは
身体には悪くはありません。

哺乳瓶の乳首や
医療用カテーテルなどに使われ、
私たちが生活していくうえで
なくてはならない素材です。

シリコン入りシャンプーは
身体に悪い。

ノンシリコンシャンプーは
身体に良い。

という事はありません。

シリコンがシャンプーに
配合されている目的は
シャンプー時の
髪のキシミや
絡まりを抑えるためです。

シャンプーは
汚れを落とす事が目的です。

洗浄成分だけでは
髪がきしんでしまいます。

石鹸で髪を洗って
髪が
キシキシになってしまうのは
シリコンが
入っていないためです。

 

髪のキシミは
髪のダメージにつながるので
ノンシリコンシャンプーにも
シリコンに代わる、
髪のキシミや
絡みを抑える成分が
配合されています。

シリコンは無害なので
ノンシリコンシャンプーだから
安全・安心というのは
勘違いだった様です。

シリコンシャンプーが悪者になったわけ

なぜノンシリコンシャンプーが
今注目されているのでしょうか?

現在の
ノンシリコンシャンプーブーム
の以前にも
シリコンが
悪者にされた事がありました。

当時は現在ほど
シリコンの種類も多くなく、
安定性もあまり良くない
時代でした。

シリコンを
シャンプーに入れる事で
洗いあがりが
サラサラ
ツヤツヤ
しっとり
になることから
必要以上にシリコンが
配合されている商品
もありました。

成分としても
使い方も
まだ未完成だった時代
のことです。

シリコン配合商品を使い
肌あれを起こしたり、
髪がごわついたり、
カラーや
パーマが
かかりにくくなった
などの症状が出たことから、
シリコンが悪者にされた
時期がありました。

その時代は、
今の様に
ノンシリコンシャンプー
の種類がなく
私は生活協同クラブの
石鹸シャンプー
を使うしかありませんでした。

スカルプケアが注目された事でノンシリコンシャンプーのブームが再到来

頭皮の汚れを落とすという
シャンプー本来の目的を考えると
シリコンはサポート役
であるべきです。

近年のシャンプーへの
消費者ニーズは
変わってきています。

頭皮の汚れを落とすことから、

髪が
サラサラ
ツヤツヤ
しっとり
する効果が
過剰に求められるようになりました。

頭皮の汚れを落とす機能よりも
洗いあがりの髪の状態が
重要視されるようになっています。

シリコンを配合しなくても
シリコンに代わる、
髪のキシミや
絡みを抑える成分が
開発されたことで
ノンシリコンシャンプーの
使い勝手が
格段に良くなりました。

ひと昔前の
ノンシリコンシャンプーでは
満足できなかった
サラサラ
ツヤツヤ
しっとり
の髪を
実感できるようになりました。

再度、
ノンシリコンシャンプー
に注目が集り、
店頭にたくさん並ぶ様に
なったのです。

成分としては
決して悪者ではないシリコンが、
あたかも悪い成分として
扱われるようになったのです。

シリコン以外の成分は危険?

シリコンやそれ以外でも
ある特定の成分が
含まれている事だけで
商品の良し悪しを
決める事は出来ません。

シャンプーには
シリコン以外にも
色々な成分が含まれています。

香料
着色料
界面活性剤など、
色々な成分が
配合されている
商品があります。

○○○○成分が入ってるから
悪い商品とは言えませんし、

○○○○成分が入ってないから
良い商品とも言えません。

以前、
ある特定の成分が
アレルギーを引き起こし
全品回収という事件もありました。

"絶対に安全"はありませんが、
もし、
事故が起きたらば
困るのは
消費者だけではありません。

1番困るのは
製造・販売をしている
メーカー各社です。

メーカー各社は、
事故が起きない様に
配合成分の選定や
使用方法には
最前の注意を払っています。

良いシャンプーは、どのように見分ければよいのでしょうか?

良い商品の見分け方
その1つとして
洗浄成分の種類の多さがあります。

沢山の種類が入っていれば、
良いとは言えませんが、

沢山の種類を入れる事で
シャンプーの本来の目的である
汚れを落とすという事に
こだわっている事が伝わります。

一言で頭皮の汚れと言っても、

皮脂
古い角質

スタイリング剤
など頭皮や髪の汚れは様々です。

ただ汚れを落とせばいい
のではなく、
頭皮の汚れを落としつつ
頭皮に必要な潤いは残して
不要なものだけを
取り除く事が大切です。

洗浄成分にも
得意
不得意
があります。

異なる汚れを落とすには、
それぞれの洗浄成分の
特徴を生かしつつ
不得意な部分を
カバーしあう
必要があります。

そのためには複数種類の
洗浄成分が
必要となってくるんです。

沢山の種類の
洗浄成分が入っていると
洗浄力が強いのでは?

と思われるかもしれませんが
実は逆!

それぞれの洗浄成分が
少量で特異な汚れを
落としてくれるので、

種類は多くても
全体的な配合量は
少なく押さえる事が出来ます。

今使っている商品に
どんな成分洗浄成分が
使われているか
確認してみてください。

家族で違う種類の
シャンプーを使っていたら
比べてみても
おもしろいと思います。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

【関連リンク】

正しいシャンプーができていますか?間違ったシャンプーは抜け毛・薄毛・深刻な問題を起こします!

どのシャンプーを買うか?店頭にたくさんあるシャンプーの種類と役割を解説します!

リンス・コンディショナー・トリートメントの違い!どんな効果がある?正しい使い方も紹介!

ツヤツヤの髪に必要なキューティクル!キューティクルってなに?

参考:
ノンシリコンシャンプーは本当に安心・安全?
https://allabout.co.jp/gm/gc/439063/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA