Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

ツヤツヤの髪に必要なキューティクル!キューティクルってなに?

ツヤツヤの髪に必要なキューティクル!キューティクルってなに?

こんにちは

シャンプーやトリートメントの
コマーシャルでよく目にする
「キューティクル」

キューティクルを
守ることで
効率よく
髪のツヤを出すことが出来ます。

ので構造や仕組みを理解してケアする事で、

キューティクルは髪のツヤを大きく左右するので構造や仕組みを理解してケアする事で、効率よく髪のツヤを出すことが出来ます。

今日は
髪の
ツヤや
手触り
を大きく左右する
キューティクル
について紹介します。

髪のツヤを大きく左右するキューティクル

キューティクルは
髪の一番外側にあります。

キューティクルの状態が
髪の
サラサラ感
ツヤツヤ感
しっとり感
手触り
を大きく左右します。

シャンプーやトリートメントの
コマーシャルでよく目にする

「キューティクル」

髪のケアで
なんとなく大切だ
という認識はあると思いますが
「キューティクルが
どんな物なのかは良く分からない」
という方は多いでしょう。

キューティクルは、
髪のツヤを大きく左右するので
構造や
仕組みを理解して
キューティクルを守りましょう。

キューティクルを
守ることで
効率よく髪のツヤを
出すことが出来ます。

キューティクルはうろこ状で、
竹の子の皮のように
何枚も重ね合わさっています。

キューティクルには、
外敵から髪内部を守る
バリヤ機能としての役割があります。

1枚1枚のキューティクルが
キレイに整っていると、
手触りもよくツヤも出ますが、
毛羽立ったり
損傷していると
引っかかったり、
絡みやすくなり
ツヤも出ません。

髪にツヤを出すためには、
日々のケアで
キューティクルを整える事が
大切になってきます。

ケアする前に知っておきたいキューティクルの性質

キューティクルを
守るために
知っておいて
頂きたいことがあります。

「キューティクルは
湿度や温度が上がると
開く性質を持っている」
ということ。

キューティクルは
本来バリヤ機能としての
役割があるため、
トリートメントや
コンディショナー
で髪内部に
保湿成分や
栄養成分を
入れようとしても
なかなか内部に浸透しません。

トリートメントや
コンディショナー
の栄養成分を
より多く
髪に浸透させるために
おすすめな方法があります。

トリートメントや
コンディショナー
を髪につける前に暖める事です。

キューティクルの
暖められると
開く性質をうまく利用し、
成分の浸透を
高める事が出来ます。

髪が濡れた状態も
キューティクルが
開いている状態です。

髪を濡れたまま放置しては、
トリートメントで
髪内部に浸透させた成分が
出て行ってしまいます。

シャンプー後は
ドライヤーを使って
出来るだけ早く
乾かすことも大切です。

ドライヤーは
"もういいかな!"
と思う
ちょっと前でやめて
続けて
冷風で仕上げます。

冷風で仕上げることで
湿度や温度で開いた
キューティクルを
正しい状態に
戻すことができます。

一度失ったキューティクルは取り戻せない

キューティクルは、
外部からダメージを受けると
毛羽立った状態になります。

髪にダメージを与える行為というと、
カラーリングや
パーマを
イメージする方が多いですね。


キューティクルは
カラーリングや
パーマ以外にも
紫外線
摩擦

静電気
でダメージを受けています。

実は、
日々の生活で
沢山のダメージを
与えてしまっているのです。

髪の死んだ細胞は、
自己修復機能を
持たないので
キューティクルを
修復すると言っても
限界があります。

トリートメントや
コンディショナーで
ケアすれば
「どんなダメージも修復できる」
と思っている方が多いですが、
損傷したり
剥がれ落ちてしまった
キューティクルは
後からいくらケアしても
再生することはありません。

ツヤツヤ髪の為には
ダメージが酷くなってから
ケアするのではなく、
ダメージがまだ浅い状態から
ケアする事がとても大切なのです。

キューティクルを整える為に大切な成分とは?

キューティクルを整える成分としては

加水分解シルク
加水分解コラーゲン
といった
PPT(ポリペプチド)

18-MEA(18-メチルエイコサン酸)

などの成分があります。

18-MEAは
キューティクル同士をくっつける
糊の役割として、
髪がもともと持つ成分。

18-MEAは
毎日の
シャンプー
紫外線
摩擦

静電気
などで失われてしまいます。

一度失うと再生されない
大切な成分です。

毎日のシャンプーの時の
ちょっとした
気配りで
キューティクルを
守りことができます。

キューティクルを守るためには
正しい方法で
シャンプーをする必要があります。

正しいシャンプーの手順は
こちらで、詳しく解説しています
こちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
正しいシャンプーができていますか?間違ったシャンプーは抜け毛・薄毛・深刻な問題を起こします!

ツヤ髪の為には
トリートメントや
コンディショナーを
毎日使用し、
キューティクルを整える
成分を補うことが大切です。

キューティクルのケアとして
効果的なものに
シリコンがあります。

シリコンは
髪表面をコーティングして
髪を外敵から守ってくれる成分。

最近はノンシリコンブームもあり
「シリコンは肌に悪い」
「毛穴をふさぐ」
などと言われ
悪者扱いされがちです。

シリコンは
スキンケアの
クリーム
乳液
などにも使用され、
人体に害はまったくありません。

シリコンについては
こちらで、詳しく解説しています
こちらもご覧ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
ノンシリコンシャンプーは髪に良いの?シリコンシャンプーは髪に悪いの?

シリコン入りシャンプーは
コストパフォーマンスもよく
リーズナブルで、
確実にツヤを出してくれる
おすすめの成分です。

キューティクルに優しい
正しいシャンプーの手順で
キューティクルを守って
ツヤツヤな髪
サラサラな髪
手触りの良い髪
になりましょう。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

手触りの良い髪
サラサラの髪
ツヤツヤの髪
しっとりの髪
を欲しい方は以下も
参考にしてくださいね

【関連リンク】

正しいシャンプーができていますか?間違ったシャンプーは抜け毛・薄毛・深刻な問題を起こします!

どのシャンプーを買うか?店頭にたくさんあるシャンプーの種類と役割を解説します!

リンス・コンディショナー・トリートメントの違い!どんな効果がある?正しい使い方も紹介!

ノンシリコンシャンプーは髪に良いの?シリコンシャンプーは髪に悪いの?

 

参考:
つや髪に欠かせない「キューティクル」って何?
https://allabout.co.jp/gm/gc/413138/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA