Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

笑う門には福来たる!笑う門には健康も!!"笑う"がしあわせを呼んでくる!!!

こんにちは

今日は
笑うことと、健康の関係について解説します。

あなたは普段からよく笑っていますか?
大声で豪快に笑いますか?
小声で上品に笑いますか?
それとも、にこやかに微笑んで人の話を聞いていますか?

f:id:happylife_me:20170501110132j:plain

笑ったときには特別な高揚感があります。
笑った後には爽快感が感じられます。

「あぁ、おかしかった!」
「お腹が痛い!」
「顔の筋肉がつりそう!」
「笑い疲れた!」
など、大笑いをした後に良く聞く言葉です。
"笑う"という行動は、顔を中心とした全身運動なのかもしれませんね?

笑いには驚きの健康効果があります

笑うことで免疫力が上がるなど、いくつもの恩恵を受けられることが、科学的に明らかになっています。

笑いとは人間だけができる特別な感情表現

知能の発達している人間は、他の動物に比べて感情表現が豊かです。
悲しみや怒りなど、全ての表現は人間の心と密接に結びついています。

笑いは感情のなかでも特殊な表現で、笑うことができる生き物といえば人間だけです。

だからこそ古来より人間は笑いに対して特別な関心をもってきました。

古代ギリシャでは悲劇に相対するものとして、笑いの喜劇が発展しました。

現在の日本では、落語やお笑いは喜劇に通じるものとして、特別な分野として確立しています。

笑いとは何なのでしょうか?

18世紀ドイツの哲学者カントは笑いをこのように言っています。
「笑いとは張り詰められていたものが無と変わるときに起こる情緒」

まさに哲学者カントの言う通り、笑いは緊張を解きほぐしてくれる効果をもっています。

笑いが緊張を解きほぐしてくれたことを、誰でも1回は経験していると思います。

 

笑いの健康効果

"笑うことと、健康の関係について"は多数の研究が進み、
現在では
『笑いは病気を抑制してしまう』
ほどの健康効果を生み出すことが解明されているのです。

笑いは免疫力をアップさせる

笑いの効果として注目されている一つに、NK(ナチュラルキラー)細胞があります。

NK細胞とはリンパ球の一種で、ウイルスや腫瘍(しゅよう)細胞などを攻撃して殺す細胞です。

笑うことでNK細胞が活性化し、免疫力が高まることが分かっています。

さらにはNK細胞の活性化はがんの進行を抑えたり痛みなどの軽減につながるとして、笑いの効果にさらなる注目が集まっています。

笑いの効果はまだまだあります。

笑いは記憶力の改善をする

笑うことにより脳が刺激されて記憶力が良くなる。

笑いは自律神経のバランスを整え、笑うとアルファー波が増えることから、リラックス効果もあるとされています。

笑いは全身運動

笑いは運動機能にも良い影響をもたらします。

笑うときに多くの酸素を吸い込むため血行が良くなり、内臓の筋肉を動かすことからカロリー消費につながります。

笑いは顔の老化を防止する

また顔の筋肉を大きく動かすので、表情豊かになるとともに、顔のたるみを防ぐ効果もあります。

微笑むだけでも健康効果が得られる

子供はよく笑いますが、年をとればとるほど、人は笑わなくなっていくものです。

30~40代は最もストレスが多い時期でもあり、なかなか笑っていられないかもしれません。

f:id:happylife_me:20170501110205j:plain

しかし大丈夫!
腹の底から大笑いをすることがなくても、笑顔を作るだけでもNK細胞を活発にする効果があるそうです。

もちろんテレビや本などの内容で笑うのも、充分"笑い"です。

まずは笑顔でいることから始めてみませんか?

そして身近なところで笑いのツボとなるものを探してみましょう。

良く笑う人の側にいると、笑うことが増えたりします。

できることならば、大声で豪快に笑い、周りの人も笑いの中に巻き込んでいきましょう。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

 
引用元:
笑いが福を呼ぶとは本当だった!笑いの健康効果に注目
http://news.livedoor.com/article/detail/12881877/ 

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA