Happy life

50代60代の女性が自分が思い描く通りの華やかなで身も心も豊かなセカンドライフを送るためのメディア

正しいシャンプーができていますか?間違ったシャンプーは抜け毛・薄毛・深刻な問題を起こします!

正しいシャンプーができていますか?間違ったシャンプーは抜け毛・薄毛・深刻な問題を起こします!

こんにちは

毎日行っているシャンプー。
あなたは正しくできていますか?
正しいシャンプーができていないと、
抜け毛や
薄毛
など深刻なトラブルを引き起こします。

今日は
正しいシャンプーの方法
を紹介します。

正しくシャンプーを行えているのは全体の10%以下

日本人のほぼ100%が行っている
と言っても過言ではないヘアケア
「シャンプー」

ある調査では日本人女性
「98.5%が入浴時にシャンプーを行う」
という結果も出ているほど。

誰もが毎日行う
「シャンプー」ですが、
ほとんどの方が
正しいシャンプーを
行えていないのも事実。

正しいシャンプーができている方は
全体の10%以下
と言われています。

毛穴に汚れが残っていたり、
逆に
必要な潤いをとりすぎて
頭皮が乾燥したり、
赤く炎症している人が
ほとんどです。

正しくシャンプーできていない理由は間違った認識にあり

ほとんどの方が
正しくシャンプーできていない理由は、
シャンプーの目的を
間違って認識していることにあります。

シャンプーは日本語で
「洗髪」です。

現在販売されている
多くのシャンプー剤も
「髪がしっとりツヤツヤ」
「髪にハリ、コシ」
「髪のダメージを修復」
など髪の毛に対する効果を
表示しているものが
目立ちます。

「シャンプー=髪の毛のケア」
という認識をしている方が
ほとんどです。

シャンプーの語源は
サンスクリット語の
「マッサージ」
という意味。

シャンプーは本来、
髪ではなく
頭皮を
ケアするもので
頭皮を
洗うことが1番の目的です。

「でも髪の汚れが落ちているんだから
頭皮の汚れも落ちているでしょ?」
と思うかもしれません。

頭皮の汚れ
特に
毛穴の汚れ
は意外と厄介。

正しく行えていないと
汚れは落ちません。

逆に
無理に落とそうとすると
頭皮を傷つけたり
頭皮の乾燥
を起こしてしまいます。

頭皮の皮脂線はTゾーンの3倍!!

頭皮には
顔のTゾーンの3倍もの皮脂腺があり、
沢山の皮脂が分泌されています。

頭皮は
10万本の毛で覆われているので、
ただでさえ洗いにくいところです。

毎日丁寧に洗顔していても
毛穴に黒ずみができてしまうように、
頭皮の汚れ

意識してシャンプーしないと
毛穴に詰まった汚れは取り除けません。

ついつい忘れがちなのが
顔と
頭皮は
一枚で繋がった同じ皮膚ということ。

頭皮も
摩擦や潤い不足は、
顔同様トラブルを引き起こします。

汚れを落とそうと
洗浄力の強いシャンプー剤で洗ったり、
ゴシゴシとこすっては
頭皮を乾燥させたり、
炎症を起こしてしまうので
洗い方はとても重要です。

頭皮に負担をかけずに
必要な潤いを残し、
不必要な汚れだけを
落として初めて
正しいシャンプーができたと言えます。

頭皮の環境を大きく変える正しいシャンプー方法

正しいシャンプーの方法を
身に着けるコツ
は2つの意識を持つこと。

1.頭皮の汚れを意識して洗う
2.皮膚である頭皮を強く擦らない

この2つを意識して
下記のステップで行ってみてください。

1.ブラッシングをしましょう

シャンプー前に
ブラッシングで
髪のほつれを取っておきましょう。

シャンプー時に、
髪にかかる負担が軽減されます。

ブラッシングは、
頭皮の血行を良くして
栄養を行き渡らせるので、
ツヤツヤな髪づくりに効果的です。

ブラッシングを
シャンプー前に行うと、
皮脂や
老廃物の汚れを浮かせ、
髪の毛についたホコリも
落としてくれます。

シャンプーだけでは
落としずらい汚れも
しっかり落とせます。

2.予備洗いをしましょう

38度位のぬるま湯で、
1~2分かけて
しっかりと頭皮と髪を濡らす
予備洗いを行いましょう。

予洗いをするだけで、
髪の汚れの8割を
落とすことができると、
科学的に照明されています。

美容師さんが行うように、
指を髪の中にいれて、
手のひらでお湯をためて
パシャパシャと
地肌を洗っていきます。

パシャパシャと洗うことで
効率的に頭皮を洗うことができます。

予洗いをすることで、
シャンプーの量も
減らすことができて、
経済的なメリットも
ありますね。

3.シャンプー剤をつけましょう

シャンプー剤は適量を手に取り、
ぬるま湯を加えて少し薄めて、
手のひらで泡立ててから
頭皮に直接つけましょう。

5~6か所に分けてつけると、
シャンプー剤が
頭皮に
まんべんなく行き渡ります。

4.なで洗いで洗います

指の腹を使って
頭皮の表面を
優しくなでるように洗いましょう。

なで洗いで大切なことは、
絶対に力は入れずに、
撫でるように
優しく行うのがポイントです。

力ではなく
小刻みに指を動かして、
汚れを浮き上がらせる
イメージで行います。

下から上に向かって行うことで、
指が頭皮に直接触れることができます。

5.揉み出し洗い

頭皮をつかんで
揉みほぐすように洗いましょう。

揉み出し洗いで大切なことは、
頭皮と指は密着させて
絶対にこすらない様に
注意しましょう。

地肌をつかんで動かし、
毛穴の汚れを絞り出すように
洗うのがポイントです。

美容師さんがしてくれる
マッサージの様な
気持ち良い洗い方を
思い出してください。

6.すすぎましょう

最後に丁寧にすすぎます。

ほとんどの方はすすぎが不十分。

すすぎが十分でないと、
シャンプー剤や
汚れが
残ってしまいます。

髪のぬめりがなくなってから
もう一度、
手のひらにお湯をためて
肌を洗うなど、
念入りにすすぎます。

7.リンス・コンディショナーを使います

リンス・コンディショナーは
頭皮につかないように
毛先を中心に
使います。

地肌に残らないよう、
すすぎは念入りに
行いましょう。

毎日のシャンプーを
丁寧に行い
髪も頭皮も健康に保ちましょう。

子育てが終わり
自由に使える時間ができた時
少しだけ経済的に余裕ができた時
ここからが
私たちの再出発です
もっと
もっと
しあわせになりましょう

最後まで読んで頂き
ありがとうございました

手触りの良い髪
サラサラの髪
ツヤツヤの髪
しっとりの髪
を欲しい方は以下も
参考にしてくださいね

【関連リンク】

どのシャンプーを買うか?店頭にたくさんあるシャンプーの種類と役割を解説します!

リンス・コンディショナー・トリートメントの違い!どんな効果がある?正しい使い方も紹介!

ノンシリコンシャンプーは髪に良いの?シリコンシャンプーは髪に悪いの?

ツヤツヤの髪に必要なキューティクル!キューティクルってなに?

参考:
間違いだらけのシャンプー方法
https://allabout.co.jp/gm/gc/406981/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA